ホーム > くらしの情報 > 健康・医療 > 熱中症 > 熱中症特別警戒アラートについて

おしらせ

熱中症特別警戒アラートについて

熱中症特別警戒アラートが運用開始しました

国において令和6年4月24日から新たに「熱中症特別警戒アラート」の運用が開始されました。

「熱中症特別警戒アラート」が発表された地域では、熱中症による重大な被害が生じるおそれがあるため、発表された場合はよりいっそうの熱中症予防行動をお願いします。

「環境省熱中症予防情報サイト」(外部サイトへリンク)では、熱中症警戒アラート、熱中症特別警戒アラート、暑さ指数(WBGT)予想値など熱中症予防に関する情報提供を行っているためご活用ください。

運用期間

令和6年4月24日から令和6年10月23日まで

熱中症特別警戒アラートとは

過去に例のない危険な暑さが広域的に発生し、熱中症救急搬送者数が増加し医療の提供に支障が生じる恐れがある場合に発表されるアラートであり、県内すべての暑さ指数情報提供地点で暑さ指数が35以上になると予測される場合に発表されます。

「熱中症警戒アラート」はいずれかの暑さ指数情報提供地点で、暑さ指数の予測値が33以上になった場合に発表されます。
詳細は環境省の報道発表資料をご覧ください。

熱中症予防の行動をお願いします。
〇室内のエアコン等により涼しい環境で過ごす
〇こまめな休憩や水分補給・塩分補給を行う
〇身近な場所での暑さ指数(WBGT)を確認し、涼しい環境以外では原則運動は行わない等対策を徹底する
〇熱中症にかかりやすい「熱中症弱者」は自らとくに対策を徹底し、周囲の方も熱中症弱者への声かけを徹底する

熱中症の応急処置

(出典)環境省「熱中症環境保健マニュアル2018」

・涼しい場所への避難ができない場合は、衣服をゆるめる、皮膚を濡らして扇風機を利用する、氷やアイスパックで体を冷やすことも有効

・もし、めまいや頭痛、多量の発汗など熱中症を疑う症状があれば、すみやかに体を冷やすなどの対応をとり、呼びかけに応じられないなどの症状があれば救急車を呼ぶことが必要

 

クーリングシェルター(指定暑熱避難施設)について

町では、熱中症による健康被害を防ぐため気候変動適応法により一時的に暑熱から避難し涼める場所としてクーリングシェルター(指定暑熱避難施設)を開設しています。
必要に応じご利用ください。

施設名 所在地 開放時間 開放日 休館日 受入可能
人数
久米南町コミュニティセンター 下弓削502-1 8:30~17:00 月~金 土日祝日は休み 10人
久米南町文化センター 下弓削515-1 9:00~18:00 水~月 火は休み 15人
久米南町保健福祉センター 下弓削502-1 9:00~17:00 月~金 土日祝日は休み 10人

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせは保健福祉課です。

岡山県久米郡久米南町下弓削502-1

電話番号:086-728-4411、086-728-2047

お問い合わせはこちら フロアマップ

アンケート

久米南町ホームページをより良いサイトにするために、皆さまのご意見・ご感想をお聞かせください。なお、この欄からのご意見・ご感想には返信できませんのでご了承ください。

このページはお役に立ちましたか?

        

Q.このページは見つけやすかったですか?